2020.03.30

レディース
知恵

足がクサい!!そうなる前の予防と対策とは

足がクサい!!そうなる前の予防と対策とはのメイン画像

普段はあまりニオイが気にならないという方でも、湿気の多い季節やたくさん歩いた日の足のニオイに思わず「クサい」と思った経験があるのではないでしょうか。

今回は「足のニオイ」に焦点をあて、足がクサくなる原因やニオイの対策、予防法などをご紹介いたします。

足がクサい!何が原因?

足のニオイが心配。どうしよう…

飲食店で座敷の席に通されたとき、足のニオイが心配になったことありませんか?
足がクサいと場の雰囲気に影響を及ぼすのではないかと不安になりますよね…。

靴を脱ぐシーンは他にもたくさんあります。

【靴を脱ぐシーン】

    • 人の家にあがるとき
      取引先が土足禁止のとき
      職場の更衣室や試着室で着替えるとき

まずは、足がクサいと感じるニオイの原因やメカニズムについて調べてみました。

・どうして足がクサくなるの?
足がクサくなる原因は3つあります。

① 汗
もともと汗は無臭ですが、汗をかくと雑菌が繁殖しやすくなるため、ニオイの原因の一つといわれています。

② 角質
不要になった角質や分泌された皮脂、爪の垢などが栄養となり雑菌が繁殖し、菌が角質などを分解する際に嫌なニオイ(アンモニア臭)を発します。

③ 靴
クサいニオイが発生しやすい靴は、雑菌が好む湿気の溜まりやすいパンプスやスニーカーといった「足を覆う靴」です。

パンプスなど湿気の溜まりやすい靴の中に、通気性の悪いストッキングをはくことで、さらにムレやすく、ニオイは悪化します。
ストッキングをはくことが多いOLの皆さんには、耳を塞ぎたくなる話ですよね。

では、どのような予防をすればよいのでしょうか。

家でできる予防法

id_00064の画像

足をキレイにしましょう

殺菌成分が配合されている石鹸で洗う
先ほどお伝えした通り、足のニオイの原因の一つは「足に繁殖する雑菌」です。
ニオイが気になるときは爪の間や指の間など、いつもより念入りに洗いましょう。

爪を切る
爪が伸びすぎていると、すき間に垢が溜まりやすくなります。
爪の垢などを栄養に雑菌が繁殖していくので、菌を繁殖させないためにも長くなった爪は定期的に切りましょう。

靴を手入れしましょう

1日履いた靴はしっかり乾燥させる
風通しの良い場所などでしっかり乾燥させましょう。
湿気はニオイの原因にもなるので、乾燥するのが難しければ、乾燥剤や新聞紙などを靴の中に入れて湿気を吸い取るようにしましょう。
また、靴箱の中も定期的に乾燥させましょう。

靴をローテーションして履く
毎日同じ靴を履くと汗や湿気が溜まり、雑菌が繁殖しやすくなります。
湿気をとるために同じ靴を続けて履くのは、なるべく避けましょう。
脱いだ後は靴用消臭スプレーなども活用しましょう。

靴を洗う
定期的に靴を洗うようにしましょう。

<布製パンプスの洗い方>
① 洗面器やバケツに40℃のお湯をはり、衣類のおしゃれ着洗剤を少量入れます。
② スポンジを使って優しく円を描きながら汚れをこすり洗いします。
③ すすぎは、パンプスの形が崩れないよう注意しながらぬめりを洗い流します。
④ タオルでしっかり水気を取ったら、シューズキーパーや新聞紙で形を整え、風通しの良い場所で2日程度陰干しします。

<革・エナメルパンプスの洗い方>
革やエナメルのパンプスは、水に直接つけて洗うことはできませんので、専用のクリーナーを使いましょう。

① 表面や底の汚れをしっかり落とします。
② パンプスの形が崩れないよう注意しながら、乾いた布に少量の専用クリーナーを取り、パンプスの汚れを落としていきます。
③ 中性洗剤を溶かしたお湯に入れ、固く絞ったタオルでパンプスの内側を拭き取る。
④ ③の拭き取りを3回程度繰り返します。
⑤ 防水スプレーをかけて、日陰で乾かします。

<スニーカーの洗い方>
① 洗面器やバケツに40℃のお湯をはり、洗濯洗剤を少量入れます。
② スニーカーを入れ、30分ほど浸け置きします。
③ ブラシを使って生地を傷めないよう汚れをこすり洗いします。
④ 泡がなくなるまでしっかりすすぎます。
⑤ 風通しの良いところでスニーカーを乾燥させます。

<ブーツの洗い方(合皮)>
① ぬるま湯に中性洗剤を溶かします。
② ブーツを浸して、表面をスポンジでやさしく洗います。
③ 泡がなくなるまでしっかりすすぎます。
④ 2分ほど脱水機にかけます。
⑤ 風通しの良いところで陰干しします。

<ブーツの洗い方(革)>
① ヒモや金具を外し、乾いた布でブーツ全体を拭きます。
② 溝やシワにたまったほこりを歯ブラシでやさしく落とします。
③ 40℃程度のお湯で全体を濡らします。(濡らしすぎると革を傷めるので注意)
④ 靴用の洗剤をスポンジにつけてやさしく洗います。
⑤ 乾いた布で泡を拭き取ります。(ブーツの中も拭いてください)
⑥ 新聞紙などを中に詰めて形を整えて日陰干しします。

<ブーツの洗い方(ムートン)>
① 常温の水におしゃれ着用洗剤を溶かします。
② ブーツを水に浸します。
③ ブラシを使って表面に汚れを優しく洗います。(毛並みに沿うように洗うのがコツ)
④ 泡がなくなるまでしっかりすすぎます。
⑤ 乾いた布でしっかり水気を取ります。
⑥ 日陰で陰干しします。
⑦ 乾いたらブラシを使って毛並みを整えます。

<ブーツの洗い方(スウェード)>
① 表面にブラシをかけます。
② 布を濡らし、ブーツの表面を少しずつ濡らします。
③ ブラシにシャンプーをつけ、表面をやさしく洗います。
④ 濡れた布でシャンプーの泡を取ります。
⑤ 日陰で陰干しします。
⑥ 乾いたらブラシを使って毛並みを整えます。

それでもニオイが心配な方は、外出時にもニオイ対策をとりましょう。

外出時でもできるニオイ対策

消臭/防臭素材のレッグウェアを選ぼう

消臭/防臭素材を使用したストッキングやフットカバーなら、はくだけでニオイ対策ができます。

Tuché 足底綿ストッキング〈TH234D〉 id_00064の画像

足底に汗を吸収する綿が編み込まれているので、スニーカーやパンプスを履いてもムレにくい設計です。抗菌防臭加工が気になる足のニオイを予防してくれます。

Tuché スニーカー専用フットカバー〈TQM829〉 id_00064の画像

足底に消臭加工を施しているので、ニオイを軽減してくれます。
スニーカー着用時に合わせて足の甲の長さを12cmに設計してある「超深履きフットカバー」だからスニーカー通勤のOLさんにおすすめです。

その他スニーカー対応シリーズが気になる方はこちら

足のニオイ対策グッズを活用しよう

ドラッグストアなどに行くと、消臭・制汗スプレーやフットクリームといった足のニオイ対策グッズがたくさん売られていますよね。
外出時、これらのグッズを積極的に活用してみるのもおすすめです。

デスクワーク中は靴を脱ごう

靴の中を乾燥させるために、デスクワーク中にはスリッパなどに履き替えるのも効果的です。

ウチコレ 大人のうわばき〈ADK951〉 id_00064の画像

ニット製なので通気性は抜群です。
足底は合成ゴム仕上げなので滑りにくく、水分に強いのが特徴です。
ネットに入れて洗濯が可能なので、長い間清潔さを保つことができます。

まとめ

パンプスやスニーカーにストッキングを合わせる機会の多いOLさんにとって、「足のニオイ」は悩みのひとつ。

いろいろな方法を試して、自分に合う足のニオイ対策を見つけましょう。

足がクサい!!そうなる前の予防と対策とは

この記事をSNSでシェア

足がクサい!!そうなる前の予防と対策とは