2021.09.16

レディース
健康 季節

女性の悩み「足先・つま先の冷え」対策グッズ6選 これで足元あったか!

冷え性は女性の半数以上が抱えている悩みです。これからの季節は冷え性の人にとって非常につらい季節ですよね。
今回は特に冷えを感じやすい女性の足先の冷えについて、原因と対策方法をご紹介します。

アンケート

グンゼが独自に集計した「冷えに関するアンケート調査」の結果をご紹介いたします。

id_00036の画像

冷え性の原因

冷え性はどのようなことが原因で起こるのでしょうか?
一般的に冷えの原因と言われている要素をまとめてみました。

(1)筋肉量の少なさ

筋肉が多いと筋肉の運動によって発熱や血流を促してくれます。筋肉は体の中でもっともエネルギーを作ることができますが、女性は男性に比べ筋肉量が少なく、冷えやすい傾向にあります。特にダイエットをしたり、加齢によって筋肉量が特に少なくなっている痩せ型の女性はこの原因で冷え性に陥りやすくなっています。

(2)血流の悪さ

ストレスや不規則な生活などにより、体温調節の命令を出す自律神経が乱れ、血流が悪くなり冷えやすいと言われています。更に冬場は空調で温められた室内と外の気温差が激しくなるので、自律神経が乱れやすくなっています。

(3)ファッションスタイルによるもの

ミニ丈のボトム、素足など露出の多いファッションも冷えに繋がることがあります。 外気に薄着の体が晒されると体温を冷気から守ろうと、毛穴が収縮して血行不良に陥りがちです。またキツイ下着や、靴などの物理的な締め付けの強い服装も体の血流を悪くし、冷えを悪化させる原因となってしまいます。

対策

id_00036の画像

冷えやすい足先を温めるにはどのような方法があるのでしょう?
その方法をご紹介します。

(1)筋肉を増やす運動や、冷えたつま先を動かす運動がおすすめ

下半身は体の中でも筋肉が占める割合が非常に高い場所なので、鍛えることによって、全身の血流を促すことができます。下半身を鍛える運動として有名なスクワットは太ももの筋肉とお尻の筋肉を鍛えることができるので非常におすすめです。まずは、スクワットの方法をご説明します。

①直立した状態から両足を肩幅と同じくらい開きます。この時、つま先が30度程度外を向くようにします。
②その状態で膝とお尻の位置が同じくらいの高さになるまで、ゆっくりと腰を落とします。膝とお尻が平行になることと、背中が丸まらないように意識しましょう。膝がつま先よりも前に出ないよう、お尻を後ろに下げるイメージです。
③そのまま体勢を少しだけキープしたら、今度はゆっくりと元の体勢に戻っていきます。
④この①から③までの動作を5回程度繰り返します。1日3回ほど行うと効果的です。

次につま先の運動をご紹介します。誰でも簡単にできて、血流を促す効果があるのでぜひ生活の中に取り入れてみてください。

・座ったままでもできる、つま先上げ運動
①足の裏が地面に着いた状態でつま先を上げ、かかとだけが地面に着くようにします。
②しばらくそのままキープし、再びつま先を地面に着けます。
③①と②を10回ほど繰り返します。1日3回以上を目安に行いましょう。

これならオフィスワークや家事の合間にもできますね!
他にも、つま先立ちで歩いたりするだけで体重の負荷が何倍にもなって下半身にかかるので、移動の時に少しだけつま先歩きをするのもおすすめです。

(2)運動以外の方法

運動以外で足元を温める方法は3つありますので、次はその3つの方法についてご紹介します。

①お風呂で温める
冷えたつま先をお風呂で温めるのは効果的ですが、湯船に浸かっている時に足の指を動かしたり、足首を回したりするとより効果的です。

②食べ物で温める
スパイスは少量料理に使用するだけで体を温めてくれる効果があります。特に効果が高いスパイスは八角、シナモン、フェンネル、ナツメグと言われており、カレーとの相性もいいので食べやすく、おすすめです。ナツメグはハンバーグなどにも使われることが多いスパイスです。
シナモンは紅茶やホットワインに加えることで、手軽に摂取することができます。体を温めてくれる飲み物として、ココア、ゆず茶、ジンジャーティーなどを摂取するのもいいでしょう。

③着るもので温める
体の冷えの基本対策として「3つの首を温める」ことです。3つの首とは首、手首、足首のことです。この3つの首には血管が集中しているので、温めると血流がよくなり、体の保温性を高めてくれます。

足先の冷えを解消しようと靴下を重ね履きする方も多いですが、締め付けがキツイ靴下を履くと血液の流れを妨げる要因になりますので、重ね履きをする場合はゆったりとした靴下を選ぶようにしましょう。また、重ね履きをする場合は3枚以下を目安にして下さい。

外でおうちで、おすすめ足元あったかグッズ6選

id_00036の画像

最後に足先の冷え対策に便利なグッズをご紹介します。これらのグッズを使えば、寒い冬も元気に乗り切れるかもしれませんよ!

外での冷え対策3選

1. Tuché(トゥシェ)足底あったかボアフットカバー <TQN838>

Tuché(トゥシェ)足底あったかボアフットカバー <TQN838>

パンプス、スリッポンやスニーカーコーディネートに一年中手放せないフットカバーですが、足が冷えるのはツライ。そんな方におススメの足底ボアのあったかフットカバーです。

※足首や甲だけ抜け感を出すファッションには、パンツの下の防寒対策にぺチレギとあわせるのもおすすめです。

Tuché【ペチレギ】9分丈レギンス(レディース) <THF45A>

Tuché(トゥシェ)足底あったかボアフットカバー <TQN838>

▶その他 Tuché秋冬用フットカバーはこちら

2. HOTMAGIC(ホットマジック) ソックス <HGJ510>

HOTMAGIC(ホットマジック) ソックス<HGJ510>

つま先とかかと部分がパイル素材。1枚履きはもちろん、特に寒い日にタイツに重ね履きするもおすすめです。吸湿発熱・消臭加工・吸水速乾機能で、冷えるけど蒸れやすい足元にぴったりの機能を備えています。シンプルで合わせやすいので色違いで揃えても!

▶その他 HOTMAGICソックスはこちら

3. HOTMAGIC(ホットマジック) 80デニール吸湿発熱タイツ2足組

HOTMAGIC(ホットマジック) 80デニール吸湿発熱タイツ2足組

タイツでお出かけ!そんな時は、冷えるつま先に最適なタイツ。冷えやすいつま先がパイル素材になっています。
また、レッグ部分は水蒸気を吸収して熱に変える吸湿発熱素材を使用し、つま先部分は蒸れにくい吸放湿素材を使用するこだわりのタイツです。

▶その他 HOTMAGICタイツはこちら

家の中での冷え対策3選

1. ウチコレ ルームシューズ(ブーツタイプ) <AUN511>

ウチコレ ルームシューズ(ブーツタイプ) <AUN511>

ブーツタイプで足首までしっかり温かい機能性の高さと、使いやすいシンプルなデザイン性を兼ね備えています。発熱系繊維使用で羽毛のような弾力性があり、履き心地の良さも追求された商品です。抗菌防臭加工が付いていて洗濯もできるので衛生的なほか、軽くて暖かいのでおうち以外にアウトドアやオフィスでも活躍します。

2. ウチコレ ルームシューズ(バブーシュタイプ) <AUN512>

ウチコレ ルームシューズ(サボタイプ) <AUN512>

バブーシュタイプの見るからにあたたかいスリッパ。脱ぎ履きしやすく、アウトドアのテント使用にも人気の商品。抗菌防臭加工付きのほか、自宅で洗濯も可能なので、衛生的。オフィスの足元用に置いておいてもパッと履き替えられるので便利です。

※足首の冷え対策に、同じ素材のレッグウォーマーと合わせるのもおすすめ
リバーシブルタイプなのでその日のコーディネートにあわせて使い分けられます。

ウチコレ レッグウォーマー(男女兼用)<AUN520>

ウチコレ ルームシューズ(サボタイプ) <AUQ515>

3. ウチコレ おうちスリッポン(内側フリース)<AUN701>

ウチコレ おうちスリッポン(内側フリース)<AUN701>

内側がフリース生地になっていて、肌ざわり優しく暖かく足元を包んでくれるスリッポン。このスリッポンの人気のヒミツは、足底!防水仕様ですべりにくい生地を採用しています。キッチンやお風呂場などの水まわりでも安心して使用できます。持ち運びにも便利なので、底冷えする体育館や会議室、授業参観、移動時の飛行機や新幹線など幅広い用途で使えます。

▶その他、おうちでの快適足元グッズ ウチコレシリーズはこちらから

関連リンク

睡眠中の靴下着用はOK?NG?睡眠メカニズムから考える、靴下のメリット・デメリット

ナイトブラは必要なの?効果を知って、正しくナイトブラをつけよう

女性の悩み「足先・つま先の冷え」対策グッズ6選 これで足元あったか!

この記事をSNSでシェア

女性の悩み「足先・つま先の冷え」対策グッズ6選 これで足元あったか!