2019.12.25

レディース
知恵

タイツをはける時期はいつからいつまで!?夏はタイツをはけるのか?

女性にとって必需品ともいえるタイツ。オシャレアイテムとしても、防寒対策としても活躍してくれるタイツは非常に便利な存在ですよね。しかし、タイツをはく時期については、明確な定義があるわけではないので、判断が難しい時もあると思います。そこで、今回は「いつからタイツをはけばいいのか?いつまではけるのか?」という時期や注意点についてご紹介していきます。

いつからタイツ、はいてますか?

最初に、タイツをはける時期についてご紹介します。

タイツをはく時期の決め方紹介

気温を参考にする
タイツをはく時期を決める場合、一番参考にする方が多いのは「気温」ではないでしょうか?目安として20度以下の気温になる10月頃に、タイツの着用を考える方が多くなるようです。 この時期になると、タイツをはいている方も見かけるようになります!

街の人やファッション誌をチェック
街中で見かける人やファッション誌などのコーディネートも参考になります。おしゃれな人がタイツをはいていると「そろそろタイツの出番なんだ!」と感じるのではないでしょうか。逆にまだタイツを使っている人がいない場合は、時期ではないということになります。

デパートの売り場に行く
デパートなどの売り場チェックも重要なポイントです!タイツの時期が来ると、普段よりもタイツの品揃えが増えているので、ふさわしい時期にはタイツが多くなっているはずです。

デニールによって時期を変えよう!

最低気温が20度以下になる10月くらいからが、タイツをはくのにふさわしい時期とされていますが、ストッキング売り場では9月くらいから、タイツが並び始めます。タイツを着用する場合は、現在の気温に適したデニール数のものを選びましょう。

まだ温かさの残る9~10月は、20~40デニールほどの薄地なものを。肌寒くなってきた11月~12月は40~80デニールを。冷え込みがひどくなる1月~2月は80~150デニールほどの厚いタイツがおすすめです!

タイツはいつまではいて大丈夫?

id_00049の画像

タイツをはける時期の終わりについて、ご紹介していきます。

一般的に4月くらいになるとタイツをはく人が減る

4月になると服装も明るいものへと変化するので、重たい印象を与える黒タイツをはく人が減ってきます。洋服屋でも3月になると、春夏の商品へと切り替わり、冬物の売り場も縮小していきますので、3月くらいがタイツをはく終わりの時期といえるでしょう。

おしゃれに決めるなら、タイツのデニールを意識しよう

いくら洋服やアクセサリーでおしゃれを頑張っていても、タイツのデニールに手を抜いてはコーディネートのバランスが崩れてしまいます。
ショートパンツやミニ丈のスカートには透け感がないタイツを選んだり、ロング丈のスカートと透け感のあるタイツを合わせたりすると、上品な印象になります。

夏にはくタイツについて

夏は軽やかなスタイルになるので、タイツをはく場合は極薄の非常に透け感のあるものがおすすめです。また、網タイツなどデザイン性のあるものをコーディネートに取り入れるというのも、見ていて暑苦しく感じさせないのでおすすめですよ。
夏のタイツスタイルは重たく感じさせないように工夫することがポイントです。

しかしオシャレに気を付けるのであれば、もっとも気を付けたいポイントがあります!

ところでそのタイツ、いつ買いました?

id_00049の画像

タイツを長くはいていると擦れて毛玉ができたり、薄くなってしまいます。まだ穴が開いていないからといって、使い続けるのは要注意です。光の下でみると、自分が思っている以上に毛玉は目立ちやすく、残念な印象になってしまいます。素敵なおしゃれさんを目指すためにも、買い替えのタイミングは重要です。

タイツを替えるタイミング

理想的なのは毎年買い替えることです。毎年こまめに買い替えていれば、余程のアクシデントに見舞われない限り、キレイな状態をキープできます。タイツのメーカーも毎年進歩しているので、毛玉や伝線に強い商品を提供してくれますよ。毛玉ができたり、使い過ぎて薄くなったタイツは、すぐに替えてください。

買い替えるなら、どんなタイツがいいのだろうとお悩みの方に、オススメのタイツをご紹介します!

オススメタイツご紹介

【春夏~9月・10月頃】20~40デニール

SABRINA シアータイツ(30デニール)

id_00049の画像

柔らかくてなめらかなはき心地が特徴のSABRINAシアータイツは30デニールなら程よい透け感で秋だけでなく、春夏も重たくなりすぎず、美しい脚を演出してくれます。
UV対策、デオドラント、吸汗加工で気になる暑い時期のお悩み対策もばっちり。
ベージュ系のカラー展開もナチュラルベージュとヌードベージュの2色があり、ストッキングの代わりにはくのもおすすめです。

【11月~12月頃】40~80デニール

Calvin Klein タイツ(60デニール)

id_00049の画像

ウエストからつま先まで柔らかい肌ざわりで優しい触感のこのタイツは、カラーも豊富にあるのでファッションに合わせやすく、普段使いや通勤にもおすすめです。
静電気防止加工付きで、不快なパチパチ感やスカートが足にまとわりつくのを防いでくれます。

【1月~2月頃】80~150

SABRINA 110デニールヒート発熱タイツ

id_00049の画像

伸縮発熱と吸湿発熱のW発熱機能「ストレッチサーモW」で暖かいのがこのタイツです。
伸縮発熱は動いた時にタイツ生地が伸縮して発熱し、吸湿発熱は汗などの水蒸気に反応して発熱するので、はいているだけで暖かく感じられます。
毛玉ができにくいというのも嬉しいですね!
幅広のウエストバンドで食い込みにくく、パンティ部分はズレ落ちにくくなっているので、快適な着用感です。

SABRINA warm+ 240デニール相当裏起毛タイツ

id_00049の画像

240デニール相当のしっかりした生地と、ふんわりした裏起毛が冷えやすい脚を冷えから守ります。ウエストはらくに伸びる仕様なので、長時間着用していても締め付けがキツく感じにくくなっています。

まとめ

寒い季節も暖かいタイツがあれば安心ですね。暖かさとおしゃれの両方を手に入れるためにも、タイツの買い替えは定期的に行うことをおすすめします。
ぜひこの冬はタイツを取り入れたコーディネートで暖かく、おしゃれを楽しみましょう!

タイツをはける時期はいつからいつまで!?夏はタイツをはけるのか?

この記事をSNSでシェア

タイツをはける時期はいつからいつまで!?夏はタイツをはけるのか?