2021.06.24

レディース
知恵 健康

マスクに口紅やファンデーションがつきにくくなる方法とは?ついた時の落とし方もご紹介

マスクをつけて外出するのが当たり前になった今、メイクをする方にとって悩みの種とも言えるのが、口紅やファンデーションのマスクへの付着です。グンゼが行ったアンケートによると、多くの人がマスクの化粧汚れに悩んでいることがわかりました。そこで今回は、口紅やファンデーションがマスクにつくのを防ぐ方法や汚れが付いた際の洗い方についてご紹介します。

多くの女性がマスクにつくリップやファンデーションに悩んでいる

多くの女性がマスクにつくリップやファンデーションに悩んでいる

グンゼでは、マスクにつくリップやファンデーションについてアンケートを実施しました。
まずは、そのアンケート結果についてご紹介します。

マスクにリップやファンデーションがついて困ったことはありますか?のグラフ

「マスクにリップやファンデーションがついて困ったことはありますか?」という質問に対して、約9割の方が「ある」と回答しました。多くの方々がマスクにつくリップやファンデーションの汚れに悩んでいることがわかりました。

マスクに口紅やファンデーションがつきにくくなる方法

マスクに口紅やファンデーションがつきにくくなる方法

口紅・ファンデーションがマスクについて困っている方は、以下の方法を試してみてください。

口紅がつきにくくなる方法

1.ティッシュオフしてからマスクをつける

一番簡単な方法は、口紅をつけた後に一度ティッシュで押さえる方法です。こうすることで、唇の表面にある余分な油分が取れるため、マスクにつきにくくなります。ティッシュオフすると本来の口紅のカラーよりは色味が薄くなってしまいますが、何もつけないより血色感が出ます。気になる方は、マスクを外すタイミングで改めて口紅を塗り直すのが良いでしょう。

2.リップコートを使う

さまざまなメーカーから発売されているリップコートも、マスクへの色移りを防いでくれます。使い方はとても簡単で、口紅を塗った後にリップコートを塗るだけです。リップコートには、口紅を塗った後の唇をコーティングして水や油分をはじいてくれる働きがあります。ただし、アイテムによっては唇が乾燥しやすくなることもあるので、口紅を塗る前にリップクリームなどで十分に保湿をしておきましょう。

3.落ちにくい口紅を使う

最近ではティントタイプやマットタイプなどの落ちにくい口紅もたくさん出ています。こういったものを使ってみるのも一つの手です。より落ちにくくするためには、唇に油分がない状態で塗るようにしましょう。乾燥が気になる方は、リップクリームを塗ってから軽く油分をオフし、その後で口紅を塗ってみてください。また、一度塗りをした後に軽くティッシュオフしてからさらにもう一度塗ると、より色もちが良くなり、マスクにもつきづらくなります。

4.フェイスパウダーやベビーパウダーで抑える

口紅をするとマスクについてしまうのは、唇の表面に油分が多く乗っているせいです。油分をとるために、口紅を塗った後にパフやスポンジにフェイスパウダーやベビーパウダーを取り、唇の表面にポンポンとのせてみましょう。粉が油分を吸収してくれるので、マスクへの付着を防ぐことができます。

5.立体マスクを使う

もうひとつの対策として、口紅ではなくマスクを見直してみましょう。おすすめは立体型のマスクです。立体型のマスクなら、マスクと口の間に空間があるため、唇にマスクが当たりにくく、口紅との擦れも軽減できます。

肌着屋さんがつくった肌にやさしい布製マスク(男女兼用) <MAS022A>

肌着屋さんがつくった肌にやさしい布製マスク(男女兼用)

こちらのマスクは、布製の立体型マスクです。口部分に適度な隙間ができるので口紅がつきにくくなります。また、洗濯も可能なので、もし口紅が付着してしまっても洗って落とせます。

ファンデーションがつきにくくなる方法

1.塗布後、余分な油分を取り除く

ファンデーションがマスクについてしまうのも、油分を含んでいるからです。口紅と同様に、上からフェイスパウダーやベビーパウダーをつける・一度ティッシュオフして余分な油分を取り除くなどの方法が有効です。このほか、以下の方法も試してみてください。

2.ファンデーションを薄くつける

ファンデーションは厚く塗ると、ヨレたり崩れたりしやすくなります。特にマスクが覆う部分は、いつもよりも薄付きで仕上げるようにすると、マスクによるファンデーション落ちを防げます。

3.崩れにくい下地・ファンデーションを利用

皮脂の油分やマスク内の湿気でファンデーションは崩れやすくなります。「皮脂崩れ防止」「皮脂吸着パウダー配合」などの下地やファンデーションを使ってみましょう。

4.メイクキープミストを使用する

夏の化粧崩れを防止するメイクキープミストは、マスクをつけるときにも有効なアイテムです。顔全体に噴射すると、ファンデーションが密着し、マスクへの付着を防げます。

5.マスクの内側にシートやガーゼをあてる

ファンデーションが落ちてしまうのは、マスクでこすれるせいもあります。そこで、マスクの内側にマスク用取り替えシートやガーゼなどをあてて、マスクと化粧が直接触れ合うことを防ぎましょう。マスクの摩擦による肌荒れの防止対策にもなります。

付かないように対策しても付いてしまった場合は??

付かないように対策しても付いてしまった場合は??

しつこい口紅汚れやファンデーション汚れは普通の洗濯では落ちないことがあります。とはいえ、直接肌に触れるマスクに強力な洗剤(漂白剤など)はあまり使いたくありませんよね。そこで、市販のメイク落としで汚れを落とす方法をおすすめします。

マスクの化粧汚れに有効なメイク落とし

使用するメイク落としは、基本的にはどのようなタイプでもOKです。軽い汚れであれば、ミルクタイプでも十分に落とすことができます。反対に、口紅やファンデーションがべったりとついてしまっている場合は、洗浄力の高いオイルタイプがおすすめです。

【メイク落としの種類】
・ミルクタイプ
・泡で出てくるタイプ
・メイクが落とせる洗顔
・クレンジングオイル

マスクの化粧汚れをキレイにする洗い方

メイク落としを使ったマスクの洗濯方法は以下です。
※リップとファンデーションによる汚れを表現するため、マスクに手でリップとファンデーションをつけています。

【化粧落としを使ったマスクの洗い方】

①洗濯前に口紅が付いてしまった部分にメイク落としをつける

①洗濯前に口紅が付いてしまった部分にメイク落としをつける

②メイク落としをつけたら、軽くもみ洗いする

②メイク落としをつけたら、軽くもみ洗いする

③化粧落としと汚れを水で洗い流す

③化粧落としと汚れを水で洗い流す

④洗濯ネットに入れて洗濯する

⑤汚れが落ちたら乾燥させて完了

④洗濯ネットに入れて洗濯する

マスクの形状が崩れないよう、力を加えすぎずに優しくもみ洗いをしましょう。また、洗浄成分が残っていると肌荒れの原因となることもあるので、すすぎはしっかり行ってください。

まとめ

マスクにメイクがついてしまうのは不快なものですね。今年の夏もマスクをつける機会が多いと思いますので、ぜひ今回ご紹介した方法を試してみてください。

他にもマスクに関するお悩みがある方はこちらもチェックしてみてください。

今回ご紹介した汚れがつきにくい立体型のマスクはこちらです。

肌着屋さんがつくった肌にやさしい布製マスク(男女兼用) <MAS022A>

マスクに口紅やファンデーションがつきにくくなる方法とは?ついた時の落とし方もご紹介

この記事をSNSでシェア

マスクに口紅やファンデーションがつきにくくなる方法とは?ついた時の落とし方もご紹介