2022.08.30

レディース
身だしなみ 子育て

マタニティブラって本当に必要?経験者オススメの妊娠中~産後も使えるブラジャーとは?

妊娠中や授乳中は、マタニティブラや授乳ブラを使うのが必須だと思われているかもしれません。

でも、マタニティブラや授乳ブラって、使う期間が短いものの、値が張るものも多いので、「わざわざ用意しないとダメなのかな?」と考えている妊婦さんは多いのではないでしょうか。

実は私もそんなふうに思っていたひとりで、妊娠中も産後の授乳期も専用のマタニティブラや授乳ブラは使用しませんでした。そこで今回は、その理由や感想・どんなブラジャーを使ったのかなど、私の体験をお話しします。

今まで使っていたブラジャーは使えない?

妊婦 ブラジャー

結論から言うと、「妊娠前に使っていたワイヤーブラが使えない」というわけではありませんが、体の変化にともなって今までのブラジャーが合わなくなる方が多いと思います。
初産の場合、今までワイヤーブラを使用していた方は、胸の形が崩れるのが嫌だからワイヤーブラを使いたいと考えている人は多いかもしれません。私もそのひとりでした。「胸の形が崩れるのは避けたいし、マタニティ用のブラジャーは高価なものが多いから、なるべく今までと同じワイヤーブラで乗り切りたい」と思っていたのです。でもその考えは数ヶ月で断念することになりました……。お腹が大きくなってくるとアンダーの締め付けが苦しく、呼吸もしづらくなってきたからです。(※個人の意見です。)

授乳に備えるために胸が大きくなり、普段つけていたブラジャーではカップのサイズが合わなくなることも多いかと思います。さらに、お腹が大きくなるにつれてアンダーのサイズも大きくなって、いつも使っているブラジャーの締め付けがキツイと感じることもあります。締め付けの強いブラジャーを使用していると精神的にストレスがかかるというデータもあります。(グンゼ調べ)

交感神経活動と副交感神経活動のグラフ 交感神経活動と副交感神経活動のグラフ

(※1)グンゼ調べ 1999年,N=3,ブラジャーを半日着用したECG電極による心電図測定
自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあり、脳の視床下部によりコントロールされています。一般的に、交感神経は緊張や興奮状態にあるとき優位になり、副交感神経はリラックスした状態で優位になるとされています。

妊娠中もブラジャーはつけたほうがいい!その理由

妊婦 ブラジャー

少しでも体を楽にしたい妊娠中、「ノーブラでもいい?」と思いがちですが、ブラジャーはつけたほうが良いとされています。その理由は以下です。

バストが垂れないようにするため

ブラジャーをしていないと、乳房を支えるクーパー靭帯が伸びたり切れたりしやすくなり、胸が垂れてしまう恐れがあります。普段よりバストが重くなるマタニティ期は特に、バストラインをキープするためにもブラジャーをしていたほうが良いでしょう。

なお、バストの垂れについて詳しく知りたい方は、コチラの記事もチェックしてください。

合わせて読みたい

マタニティ期・授乳期はどんなブラジャーをつけたらいい?普通のブラジャーから替えるタイミングは?

マタニティイメージ

バストが変化する妊娠5ヶ月くらいから卒乳まではマタニティブラ、もしくは伸びる素材のノンワイヤーブラジャーなどに切り替えるのがおすすめです。

ただし、体型が変化する時期は人によって差があると思いますので、「今までのブラジャーではきつくなってきたな」と感じたら替え時と考えるのがいいのではないでしょうか。

マタニティブラは産後も使えるの?

マタニティブラは、産後も赤ちゃんへの授乳がしやすいように設計されているものが多くあります。

産後の授乳期には、必ずしも前開きのブラジャーでなければいけないということはなく、赤ちゃんとお母さんがリラックスして授乳の時間を過ごすことができるブラジャーであれば、問題ありません。

前開きでボタンやホックで着脱するタイプもあれば、カシュクール型やハーフトップ型でずらすタイプなど、種類も豊富です。

マタニティブラを選ぶ際には、生地のよく伸びるタイプを選ぶと、産前・産後でお母さんのバストサイズが変わった場合にも対応しやすいので、おすすめです。

マタニティ用のブラジャーは何枚くらい用意したらいい?

マタニティ ブラジャー

妊娠中は妊娠前と同じく、1日着用して洗濯して……を繰り返して3枚程度あれば1週間乗り切ることができました。

しかし、産後は思っていた以上の枚数が必要でした。母乳の量によって異なるとは思いますが、私の場合、母乳パッドの許容範囲を超えて汚れてしまうこともあったので1日に2~3回ブラジャーを替えることも多かったのです。

夜間に授乳や搾乳する頻度が昼間に比べて少なかったので、朝起きたら母乳でブラジャーが汚れていることもよくありました。そのため、8枚くらいをローテーションして使用していました。

とは言え、母乳の量は人それぞれです。ひとりめ、ふたりめ出産で違ったり、その時の体調で違ったりすることもしばしばあります。

過ごす季節によっても、替えのブラジャーがあったほうがいいと感じることもあります。

3~4枚を事前準備して、買い足していくのがよいかもしれません。

マタニティブラ・授乳ブラはコスパが悪いものも多い・・・

妊婦 イメージ

枚数が必要な授乳期のブラジャーですが、気に入ったデザインがなかなか見つからず、1~1.5年しか使用しないことを考えるとあまりお金をかけたくないなと感じました。

また、手洗いしないといけないものが多いのもネックでした。ただでさえ立ちっぱなしの仕事やかがむ作業は苦しいのに(おなかが大きくなれば大きくなるほど余計に!)、手洗いの時間と手間をかけるのは大変です。

妊娠中のバストを守りながら、なおかつ安価で他の洗濯物と一緒に洗濯機で洗えるものがあればいいのにと思っていました。

妊娠中も快適に着られて、産後も使えるハーフトップがおすすめ!

ハーフトップはマタニティ期・授乳期のブラジャーにぴったり!

そんな私がマタニティ期・授乳期に愛用していたのは、ハーフトップでした。バストをやさしく包みながら、ノンワイヤーでアンダーもよく伸びるハーフトップは締め付けもなく快適だったのです!手洗いではなく洗濯機で洗えるのも便利でした。コスパが良いのも嬉しいところです。また、ストラップの金具がないので、金属アレルギーの方にも安心して使っていただけると思います。

産後の授乳期もハーフトップは使いやすい!

3時間に1回、(多いときはそれ以上の頻度で!、)朝も夜も授乳し続けて毎日ヘトヘトです……。やっと寝かしつけたと思えば泣き出し、また次の授乳時間になってしまいます……。産後の大変な時期にも、洗濯機で洗えるハーフトップはとても役立ちました。

私の場合、産後はハーフトップに元々付いているパッドを抜いて、母乳パッドを貼り付けて使っていました。
よく伸びる生地なので、着用したまま胸を出して授乳できる点も良かったです。片手で赤ちゃんを支えているから、もう一方の手で胸を出したり閉まったりできるのはとても便利です。

マタニティ期・授乳期におすすめのハーフトップ

最後に、私がマタニティ期・授乳期に使用していてとても良かったアイテムをご紹介します。

KIREILABO(キレイラボ)ハーフトップ<KL2055N>

KIREILABO(キレイラボ)ハーフトップ

綿混素材で肌にやさしいハーフトップです。生地の折り返しや縫い目がなく、取扱い表示記号(洗濯表示)が転写プリントなので、肌あたりの良さが抜群です。パッドが取り外し可能なので産後は母乳パッドを貼り付けて着用できます。

Tuché(トゥシェ)【縫い目ゼロ】ハーフトップ<TB2555K>

Tuché(トゥシェ)【縫い目ゼロ】ハーフトップ

ピーナッツパッド(取り外し可能)で左右に離れがちなバストを中央に寄せられます。また、縫い目ゼロ、かつ取扱い表示記号(洗濯表示)が転写プリントなので、肌への刺激も軽減し、妊娠中・産後のデリケートなお肌にもやさしい仕様です。洗濯後、室内でも早く乾くのも嬉しいポイントです。

Tuché(トゥシェ)【縫い目ゼロ】ハーフトップ<TB2655K>

Tuché(トゥシェ)【縫い目ゼロ】ハーフトップ

パッと目を引く可愛いプリント柄が印象的なハーフトップです。ピーナッツパッド(取り外し可能)がバストを中央に寄せるので、左右に離れがちなバストにもおすすめです。また、なめらかなストレッチ素材&縫い目ゼロで下着のラインが目立ちにくく、シルエットに響きません。マタニティフォトにも映えます◎

(ご注意)ここまでに紹介した商品はすべてマタニティ期・授乳期専用の商品ではありません。体調の変化が見られた場合はご使用をお控えください。

マタニティ専用ブラを使うメリットもある

マタニティブラを使用しなかった筆者ですが、マタニティ専用のブラジャーを使うメリットは、多々あります。

① 窮屈さが少ない点

アンダーがきつくなってくる話を前述しましたが、伸びやすい生地を採用していたり、ホックの数が通常より多いなど、妊娠中の体の変化に対応しているブラジャーが多いです。体の形の変化だけでなく、体調やココロも変わりやすい時期なので、リラックスして過ごせるものがいいですね。

② 授乳しやすい設計である点

胸をどのように出して授乳するのか、メーカーによって仕様が異なります。各社それぞれ特徴が異なるので、使いやすさを見比べてもいいかもしれませんね。

赤ちゃんを抱っこしながらの授乳は慣れないうちは大変です。片手で胸を出したりしまったりしやすいブラジャーを選びたいものです。

マタニティ専用のブラジャー紹介

こちらでは、そんなマタニティ期を快適に過ごすため、出産経験のあるママの声をもとに作られたマタニティ専用のブラジャーを紹介します。

KIREILABO(キレイラボ)マタニティブラジャー<KB7192>

KIREILABO(キレイラボ)マタニティブラジャー<KB7192>

レースのないやわらかい生地なのでマタニティ期・授乳期のママの敏感な肌にやさしく、産後は授乳中触れる赤ちゃん肌にもやさしい。また設計面では、乳首だけを出せる窓があるので、プライバシーを守れる他、ブラジャーのカップが折れ曲がったままキープできるので授乳しやすい仕様です。

(ママの声より)

肌に敏感な私でも大丈夫!

胸囲の締め付け感が少なく敏感肌な私でも快適でした。(26歳 妊娠7か月)

夜間の授乳に最適でした!

着ていてストレスを感じない点がよかったです。ホールド感はあるけど、きつくないので就寝中も快適です。授乳時に子供の肌に触れても安心素材なこともよかったです。(28歳 産後6か月)

KIREILABO(キレイラボ)マタニティブラキャミ<KB7158>

KIREILABO(キレイラボ)マタニティブラキャミ<KB7158>

(ママの声より)

授乳がしやすくストレスフリーな着用感!

お腹を包んでくれて安心感がある。寝ているときも違和感がなく、ブラと同様に乳房が出しやすかったです。今使っているブラキャミよりも着用感が良く、ストレスフリー。お腹が冷えず、安心です。(26歳 妊娠7か月)

マタニティブラジャーとペアカラーのマタニティショーツもあります。

KIREILABO(キレイラボ)マタニティサポートショーツ<KB7168>

KIREILABO(キレイラボ)マタニティサポートショーツ<KB7168>

サポート帯が入っているので、下腹が支えられ、おなか全体を包み込みます。シック部の撥水加工で、妊娠中のおりもの量が増加しても、ボトムが汚れにくくなり安心です。

(ママの声より)

大きなお腹でもラクに着用できる!

はじめ普段のものより足の付け根部分が長いので違和感を感じましたが、締め付け感がなく、むしろお尻を包んでくれます。くいこみ感もなく、お腹の苦しさが一切ありませんでした。(30歳 妊娠6か月)

KIREILABO(キレイラボ)マタニティショーツ<KB7170>

KIREILABO(キレイラボ)マタニティショーツ<KB7170>

ウエストゴムがないのでおなかの締め付けがなく、快適に過ごせます。産後も穿けるベーシックなデザインなので、長く使用できるのも嬉しいですね。

(ママの声より)

腹下をサポート!

サポート帯が入っているので下腹が支えられて、お腹全体を包み込みます。(36歳 妊娠9か月)

シック部分の加工が妊婦にとても嬉しい!

妊娠してからおりものの量が多くなったように感じたので、有難い機能だと思います。撥水加工効果のおかげか、おりものが多く出たときにトイレで確認できて、紙でふき取ることができました。(30歳 妊娠6か月)



(ご注意)

※ここで紹介されたコメントは個人の感想です。効果には個人差があります。

まとめ

普段とは心も身体も大きく変化するマタニティ期と授乳期。毎日を快適に元気に過ごすために、身体に負担の少ないブラジャーを選びたいものですね。

現在妊娠中の方や授乳中の方、これからママになる予定がある方は、今回ご紹介したブラジャーの選び方をぜひ参考にしてみてくださいね。

マタニティブラって本当に必要?経験者オススメの妊娠中~産後も使えるブラジャーとは?

この記事をSNSでシェア

マタニティブラって本当に必要?経験者オススメの妊娠中~産後も使えるブラジャーとは?