2019.09.03

レディース
身だしなみ 健康

「ナイトブラ」を正しくつけることで得られるメリットとは?

「ナイトブラ」を正しくつけることで得られるメリットとは?のメイン画像

「日中ブラをつけていますか?」
この質問に対して大半の女性が「当たり前です」と答えるでしょう。
では「寝るときにブラをつけていますか?」
この質問に「当たり前」と答える方はどれくらいいるのでしょうか。

今回は寝るときにナイトブラをつけている人の割合や、必要性、メリットについて掘り下げてお伝えしたいと思います。 おすすめのナイトブラもご紹介していますのであわせてご覧ください。

1 寝るときのブラ事情(アンケート調査)

Twitterでアンケートを募集した結果、とてもプライベートな質問にもかかわらず、たくさんの方々からの回答が得られました。

Q:寝るときにもブラをつけていますか?

id_00027

はい。寝るとき専用ブラをつけます 17%
はい。いつも使うブラをつけます 24%
いいえ。全くつけません 59%

グラフを見ると、寝るときにブラをつける習慣がない人が多くを占めています。
寝るときにブラをつけない理由としては「リラックスできないから」「なんとなく」「暑いから」など、着用時の寝心地を気にされているようです。

2 ナイトブラの必要性

・ナイトブラはつけたほうがよい?

答えは「つけたほうがよい」です。理由を調べてみました。

・ブラをつけて寝る理由

1 寝ているときに胸が安定する

寝返りによる体の揺れや、睡眠中の体の重力は想像以上にバストに大きな負担となっているのをご存知でしょうか。睡眠中のバストの揺れは形が崩れる原因のひとつになってしまいます。ナイトブラは寝ている間のバストをサポートし、負担を軽減してくれます。

2 スリーピングセレモニーとして

パジャマを着る、歯を磨くといった眠りにつく前の一連の動作を「スリーピングセレモニー」といいます。スリーピングセレモニーは無意識に脳の入眠スイッチをオンに切り替え、心と体をリラックスモードへと導く効果があるので、眠りにつきにくい方にはおすすめです。ナイトブラをつける動作もスリーピングセレモニーとして、毎日の日課にすることで、スムーズな入眠を促してくれます。

3 昼用ブラじゃだめなの?

id_00027

「寝るときも昼用ブラじゃだめなの?」という疑問がある方も多いはず。
ブラを昼と夜の兼用にしてしまえば、ナイトブラをわざわざ用意する手間やコストが省けます。しかし、ナイトブラと昼用ブラは構造が全く違います。

・ナイトブラと昼用ブラの違い

ナイトブラと昼用ブラの違いをみてみましょう。

1 バストを包む形状

昼用ブラは、ワイヤーや肩ひもを使ってバストを下から上に支えるようにできています。そのため、立つ、歩く、走るといった縦の動きに対応しやすい構造です。
一方寝ている間のバストは横や上など色々な方向に流れますよね。ナイトブラはバスト全方向から包み込むように設計されているので、バストが横や上に流れるのを防いで適切な位置に誘導してくれます。

2 しめつけが少なくゆったりした設計

人は寝ている間に何度も寝返りをうちますが、体にフィットしないブラをつけて寝てしまうと、寝返りで姿勢が変わった時にバストが流れてしまいます。ナイトブラは寝返りをうっても体にフィットするように肩ひもが太めに作られています。昼用ブラにもバストを固定して動きをサポートしてくれるものがありますが、締め付け感が強く、就寝時のブラには不向きです。

3 眠りを邪魔しないシンプルなデザイン

昼用ブラにはリボン、ビジューといったかわいい装飾がたくさんついています。反対にナイトブラはシンプルなものばかり。昼用ブラのような過剰な装飾は、就寝中に体に当たって寝つきが悪くなってしまう可能性があるからです。また肌に優しい素材が使われているので、寝ている間の汗を素早く吸い取り、快適な寝心地を維持してくれます。

4 サイズ

昼用ブラのサイズは細かく分かれています。対してナイトブラのサイズはS・M・Lの3サイズのみ。これは、昼用ブラと違い、ゆったりと着用できるように伸縮性を持った生地でできているからです。トップとアンダーを参考に選びますが、設定サイズに幅があるので、自分のバストに合うものが見つけやすくなっています。

4 ナイトブラをつけるメリット

ナイトブラをつけるメリットは他にもあります。

・「バストを支える」

寝ている間に流れやすいバストを無理なく正しい位置にキープし、バストが下垂する原因を防いでくれます。

・「リラックスできる」

昼用ブラに比べると、体を締め付ける感覚が少ないので、リラックスすることができます。寝ている間もバストを優しくホールドしてくれるので大きな安らぎを感じさせてくれます。

5 グンゼのTuchéナイトブラで寝ている間も胸を正しい位置に近づけましょう

「TuchéナイトブラTC5055」

id_00027

「TuchéナイトブラTC5055」の特徴

・Tuchéのバストサポート力

ブラの内側に施されたヘムパワーネットが、バストの外側を優しく支えて睡眠をサポート。寝ている間に横や上に流れるバストを適切な位置へ導きます。

・Tuchéのデザイン

3種類の中から好みに合わせて選べます。幅広い人が使いやすいシンプルデザインから、つけるのが楽しくなるようなかわいいプリントデザインなどをご用意しました。

・Tuchéのフィット感

やわらかいマシュマロタッチの生地がとても心地よく、リラックスして眠りにつけます。ヘムパワーネットが体にフィットして、寝返りをうってもバストの形をしっかりキープします。ノンワイヤーだからバストを締め付けにくいのもおすすめポイントです。

品質表示は肌に直接当たりにくいようにヘムパワーネットの内側に配置、チクチクする不快感を減らし、入眠を促します。

6 グンゼのTuchéナイトブラをつけてみましょう

id_00027

入眠やバストサポートなどメリットが多いナイトブラ。ここではナイトブラの正しいつけ方をご紹介いたします。

・ナイトブラの正しいつけ方5ステップ

1 大きめの鏡の前に立つ

上半身が映る大きな鏡の前に立ちます。ナイトブラをきちんとつけるために、バスト全体が確認できる大きさの鏡を選んでください。

2 ナイトブラは足元からはくように

ナイトブラは下からはくようにつけます。下からはくことでバストがおさまりやすく、キレイに支えることができます。

3 肩ひもに腕を通す

肩ひもは引っ張らずに、片方ずつゆっくり腕を通しましょう。肩紐がねじれた時はきちんと直してください。ねじれたまま使用すると肩に負担がかかるだけでなく、生地を傷める原因にもなります。

4 前かがみになってはみ出した肉を寄せる

ナイトブラをつけ終わったら少し前かがみになり、カップの内側に手を入れてはみ出た肉をバストに寄せて収めます。はみ出た肉を収めることで脇や背中がスッキリし、バストも安定します。

5 鏡でチェック

最後にナイトブラをつけた姿をチェックしましょう。脇やアンダーの部分からはみ出ている肉はないか、背中部分の肩ひもがねじれていないかなどを確認してください。

ナイトブラをつけ慣れると、鏡でチェックするのがしだいに面倒になり、体に触れる生地や手の感覚だけで確認を済ませようとしてしまいます。ナイトブラが正しくつけられていないと、本来のキープ力が弱くなります。できるだけ毎回鏡でチェックするようにしてください。

・正しくつけて嬉しい効果

ナイトブラを正しくつけることで、寝ている間にバストが崩れるのを軽減してくれます。

・ナイトブラを正しくつけないとどうなるの?

ナイトブラを正しくつけられていないと、どのようになるのでしょうか。
間違ったつけ方をしてしまうと、バストを正しい位置にサポートできないだけでなく、バストの形が崩れやすくなってしまいます。
またナイトブラのサイズを選び間違えていると、バストがカップに収まらなかったり、カップの内側でバストが浮いてしまうこともあるので、要注意です。

・ナイトブラの洗濯方法

デリケートな生地なので、必ず手洗い、又は洗濯ネットに入れて洗ってください。

【ROOM】ナイトブラ(レディース)

この記事に関連する商品について

【ROOM】ナイトブラ(レディース)

「ナイトブラ」を正しくつけることで得られるメリットとは?

この記事をSNSでシェア

「ナイトブラ」を正しくつけることで得られるメリットとは?