2020.10.22

レディース
知恵 季節

もう不快な「バチッ」に悩まない!!今年の冬はインナーで静電気対策

冬になると静電気が起きやすくなります。ニットを脱ぎ着するときにバチっとなったり、ロングスカートが足にまとわりついたり、マフラーや帽子を取るときに髪が逆立ったり、静電気に悩まされている方も多いのではないでしょうか?今回は、そんな不快な静電気が起きるメカニズムや静電気を抑える方法をご紹介します。

なぜ起こる?どうして冬に多い?静電気が起きる原因とメカニズム

静電気イメージ

静電気発生のメカニズム

人間の体や金属・プラスチック・繊維など、私たちの身の回りにあるすべての物体は、プラスとマイナスの2種類の電気を持っています。普段電気を感じないのは、プラス電気とマイナス電気が同量でバランスを保っているからです。しかし、動きやすい性質のマイナス電気は、摩擦や接触などによって他の物体に移動することがあります。そうすると、その物体はどちらかの電気を偏って帯びている状態に変化し、静電気が発生します。

静電気が秋や冬に発生しやすいのはなぜ?

①空気が乾燥するから
静電気は、湿度が低い環境だと発生しやすくなります。空気中の水分量が少なくなり、放電されにくくなるからです。一般的には、湿度20%・気温20℃以下だと発生しやすくなると言われています。秋や冬に静電気が起きやすいのは、気温が下がり、空気も乾燥しだすからです。反対に湿度の高い夏は静電気が起きにくいと言えます。

②異素材の衣類を重ね着するから
また、寒くなってくると、インナーにニット、コート、マフラー・・・と様々な素材の重ね着をしますよね。異素材の重ね着も、静電気を起きやすくさせる原因です。

▶静電気が発生する仕組みや対策について詳しく知りたいという方は、コチラの記事もチェックしてください。

不快な「バチッ」を防ぐには?静電気対策4つ

静電気イメージ

静電気を防ぐためには、静電気をためないようにすること・上手に逃すことが大事です。

①室内の湿度を60%程度にキープ
湿度が高ければ、静電気が発生しても空気中の水分によってすぐに放電されます。加湿器を使ったり、洗濯物を室内に干したりして、室内の湿度を60%程度に保つようにしましょう。

②静電気防止スプレーを使用する
衣類用の静電気防止スプレーを使うと、静電気の発生を抑えることができます。使い方も簡単でスーパーやドラッグストア・コンビニなどどこでも手に入りやすいので、静電気にお悩みの方はまず使ってみてはいかがでしょうか。

③洗濯時に柔軟剤を使用する
洗濯時に柔軟剤を使うのも静電気対策になります。柔軟剤には空気中の水分子と結合しやすい性質を持った成分が含まれているため、静電気を放電しやすくなります。

④保湿クリームで肌の乾燥を防ぐ
肌が乾燥していて肌の水分量が低い人は、静電気をためやすいと考えられます。お風呂上がりなどには化粧水や保湿クリームを塗って肌を保湿しましょう。

冬のインナーを見直して静電気対策を

静電気イメージ

衣服の素材の組み合わせが原因で静電気が起きやすくなっていることもあります。秋冬の静電気対策に、インナーを見直してみましょう。

冬に人気のヒートインナーに使われている合成繊維(アクリル等)は、吸湿性が低く、帯電しやすいですが、綿や絹など天然繊維は、吸湿性が高いため、帯電しにくい素材です。

帯電しやすいウールなどのセーターのインナーには、帯電しにくい綿や絹を選ぶと良いでしょう。
また、ヒートインナーを着たい方は、帯電防止加工されているものを選ぶことをおすすめします。

①おすすめの綿100%インナー

Tuché(トゥシェ) Dress Me COTTON LACY(ドレスミー コットンレーシー) 8分袖インナー <TC5446>

Tuché(トゥシェ) Dress Me COTTON LACY(ドレスミー コットンレーシー) 8分袖インナー

綿100%素材のリブインナーです。体にフィットするストレッチの効いた素材の着ごこちの良さが魅力です。ネックラインにあしらわれたレースは、チラ見えしてもおしゃれな仕様です。首元の開きが広めの服と組み合わせることもできます。

Tuché(トゥシェ) 着るコスメ 8分袖インナー <TC4046>

Tuché(トゥシェ) 着るコスメ 8分袖インナー

天然美容成分を配合した女性に嬉しい綿100%のインナーです。身頃には脇はぎがないので、ごろつきにくく、肌への刺激を軽減できます。また、8分丈で袖が少し短めなので、アウターから袖が出にくくコーディネートしやすいのも嬉しいポイントです。

②帯電防止加工されているおすすめのヒートインナー

HOTMAGIC(ホットマジック) 静電気対策 8分袖インナー <MH8946>

HOTMAGIC(ホットマジック) 静電気対策 8分袖インナー

帯電防止加工をしているので、ヒートインナーの暖かさはそのままに、静電気対策を施したのがこちらのインナーです。ソフトな裏起毛仕様で、着ごこちもふんわりやわらかです。また、洗濯絵表示タグがないので、肌への刺激も軽減できます。

まとめ

冬になると気になる衣服の静電気。今年の冬は、室内の湿度を十分に保つ・静電気防止スプレーや柔軟剤を使用する・肌を保湿する・インナーを見直すなどの方法で、静電気対策をしましょう。

なお、タイツの静電気に悩んでいる方は、コチラの記事もチェックしてください。

▶【静電気対策】スカートがタイツにまとわりつくのを防ぐには?

もう不快な「バチッ」に悩まない!!今年の冬はインナーで静電気対策

この記事をSNSでシェア

もう不快な「バチッ」に悩まない!!今年の冬はインナーで静電気対策