2021.06.11

レディース メンズ
知恵 健康

帰宅後、服の除菌は必要?着用したまま菌やウイルスを抑制できる衣類って?

新型コロナウイルス感染症の拡大により、ウイルス対策がより重要性を増しています。手は、こまめに洗ったり、除菌・ウイルス除去効果のあるスプレーやジェル、シート等で対策したりすることが可能ですが、衣服はどうでしょうか。外出した際に外気にさらされている衣類には菌やウイルスは付着しないのでしょうか?また、ウイルス除去・除菌の必要はあるのでしょうか?今回は、そんな疑問にお答えします。あわせて除菌・ウイルス除去対策におすすめの衣類や小物もご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

※菌とウイルスは混合してしまいがちですが、実はまったく異なるものです。まずは、菌とウイルスの違いについて理解しておきましょう。

【菌とウイルスの違いとは?】

ウイルスイメージ

・菌とは
菌はウイルスと違って細胞を持っており、栄養源さえあれば単体でも増殖することが可能です。菌には人の体に侵入して病気を引き起こす有害なものもあれば、人にとって必要なものもあります。前者としてよく知られているのは、大腸菌やサルモネラ菌・結核菌・黄色ブドウ球菌などです。後者としては、腸内環境を整える腸内細菌や、納豆の発酵成分である納豆菌などが挙げられます。

・ウイルスとは
ウイルスとしてよく知られているのは、現在流行中の新型コロナウイルスやインフルエンザウイルス・ノロウイルスなどです。ウイルス自身には細胞がないため、ウイルス単体では増殖できません。人の体に侵入して細胞に入り込み増殖します。

衣服に菌やウイルスは付着するの?

ウイルスイメージ

感染者が咳をした際の飛沫(ツバ)によって衣服の表面に菌やウイルスが付着する可能性はあるのでしょうか。WHO(世界保健機関)によると、その可能性は高いと報告されています。
また、衣服の生地の種類や素材にもよりますが、付着したウイルスは数時間から数日生き残るとの見解も示されています。
このことから、除菌やウイルス対策のためには、ウイルスの感染リスクになることもある衣服は定期的に洗うことが大事だと言えるでしょう。

衣類の菌・ウイルス対策のために。洗濯時の注意点とは

選択時の注意点

衣服への菌やウイルスの付着が心配なときは、いつもより慎重に洗濯をしましょう。以下の方法を参照してください。

衣類表面の消毒には、消毒剤で拭き取るのも有効

WHOは、衣類表面をアルコール消毒剤で拭き取る行為は、表面の消毒に役立つと報告しています。ただし、これらの薬剤は肌や衣類の繊維にとって有害であるとの指摘もあります。肌の弱い方や大事な衣類に行うときは十分な注意をしてください。

洗濯前の衣服は振らないようにする

脱衣所等で気をつけたいのが、衣類を振らないことです。ウイルスが飛び散る危険性があるためです。CDC(米疾病対策センター)は、ウェブサイトの中で「洗濯前の衣服を振ると、ウイルスが飛び散る恐れがある」としています。洗濯前の衣類はできるだけ慎重に扱い、すみやかに洗濯するように心がけましょう。

洗濯はお湯でする・または乾燥機にかけるのが良い

HCSP(公衆衛生高等評議会)は、ウイルス対策として「洗濯機で一度通常通りに洗って、さらに温度60度以上の乾燥機で最低30分乾燥させる」という洗濯方法を推奨しています。

また、リール大学総合病院のウイルス学者アンヌ・ゴファールによると、「新型コロナウイルスは、56℃に20~30分間、または65℃に5~10分間さらされると感染力を失う」との見解もあります。

使い捨ての手袋を使用するのも良い

洗濯をする際は、素手ではなく使い捨ての手袋を着用すると安心です。なお、手袋をつけずにウイルスが付着している可能性のあるものをさわったときは、目や鼻、口などを触らず、すぐに手を洗いましょう。

「抗菌・抗ウイルスのできる衣服」を選ぶという選択肢も

衣服イメージ

※除菌と抗菌など似た言葉がありますが、それぞれ役割が異なります。混合しないように、除菌と抗菌の違いについても知っておきましょう。

・除菌とは
除菌とは、付着した菌を取り除くことを指します。除菌製品には、食器用洗剤や洗濯用洗剤・アルコールスプレー・拭き取りシートなどがあります。同じような作用として菌を殺す「殺菌」がありますが、殺菌という言葉は医薬品や医薬部外品にしか使えないため、一般製品では除菌という表現が多く用いられます。

・抗菌とは
抗菌とは、菌の増殖を抑制すること・菌が住みにくい環境をあらかじめ作ることを意味します。殺菌や除菌のように、菌を殺したり除去したりする効果はありませんが、菌の増殖を抑制する効果が得られます。最近では、抗菌作用のある製品として、便座や靴下・食器用スポンジなど、さまざまなものが登場しています。

衣類の消毒・乾燥機使用に抵抗がある方は、抗菌・抗ウイルス加工仕様のされた衣類を

衣類の消毒やお湯での洗濯・乾燥機の使用なども菌・ウイルス対策に効果を発揮してくれると考えられますが、「肌に触れる衣類には消毒剤を使いたくない」「衣類の縮みが気になるので、乾燥機にはかけたくない」という方も多いかと思います。そういった方は、洗い方ではなく着るものを変えてみてはいかがでしょうか?おすすめは着用したまま菌やウイルスの感染リスクを抑制できる衣類です。

抗菌・抗ウイルス対策に。おすすめアイテム

衣服イメージ

毎日着用する肌着には、抗菌・抗ウイルス性能が持続するものを選ぼう

毎日着る肌着や衣類は頻繁に洗濯するので、細菌の増殖を抑制したり、ウイルスの数を減少させる効果はもちろん、効果が持続するものを選びたいところです。一般的な抗菌・抗ウイルス商品は数回の洗濯耐久性しかないところ、グンゼの「ClearSta(クリアスタ)」は、SEKシリーズ(インナー)は基準の10回を上回る洗濯30回、Etak®シリーズは50回洗濯後も効果が持続することが認められています。

※抗菌衣類に記載されている「SEK(エスイーケー)マーク」「Etak®(イータック)」って?

抗菌できる衣類として現在注目されているのが、「SEKマーク」や「Etak®」のついた製品です。

・SEKマークとは
SEKマークは、一般社団法人繊維評価技術協議会が実施する認証制度です。協議会の基準をクリアした抗菌防臭加工を施した繊維製品に「SEKマーク」を表示できます。防菌防臭の他にも、「制菌加工・光触媒抗菌加工・抗ウイルス加工・光触媒消臭加工・防汚加工」などの種類があります。
SEKマークを表示できる基準は、衣類の種類によって異なります。抗菌加工の場合、「肌着:抗菌性能が洗濯を10回しても持続する」「パンティストッキング類:抗菌性能が洗濯を5回しても持続する」など、衣類の種類によって基準が分けられています。

※協議会が規定する基準を超えて性能が認められる場合は、その旨を付記用語として記載することができます。

・Etak®とは

固定化抗菌成分Etak®は、口腔内の治療や洗浄時に使われている消毒薬をベースとして、広島大学大学院 二川浩樹教授の研究により商品化された成分です。一般的な抗菌・抗ウイルス商品は数回の洗濯耐久性しかないところ、Etak®を施した衣類※は抗菌・抗ウイルス性能が洗濯を50回したあとも持続すると評価されています。1週間に2回着用しても半年以上、効果が持続するとの検証結果が示されています。

※このEtak®を繊維表面に強力に固定化するためクラボウ抗菌・抗ウイルス機能繊維加工技術「CLEANSE®/クレンゼ®」を使用しています。Etak®は(株)Campusmedico、CLEANSE®/クレンゼ®は倉敷紡績株式会社の登録商標です。

●「抗菌・抗ウイルス加工」は、病気の治療や予防を目的とするものではありません。
●「抗菌・抗ウイルス加工」は、ウイルスの働きを抑制するものではありません。
●繊維上の、特定の細菌の増殖を抑制し、特定のウイルスの数を減少させます。
●抗菌性、抗ウイルス性の評価に関しましては、倉敷紡績(株)の独自評価によるものです。

<メンズ>

ClearSta(クリアスタ)持続抗菌・抗ウイルスEtak®シリーズ Vネックインナー <CV7015>

ClearSta(クリアスタ)持続抗菌・抗ウイルスEtak®シリーズ Vネックインナー

綿100%で、シンプルなデザインの抗菌・抗ウイルスインナーです。繊維上の特定の細菌の増殖を抑制し、特定のウイルスの数を減少させます。安全性が高く、抗菌・抗ウイルス効果の持続性も高いインナーです(家庭洗濯50回耐久)。

ClearSta(クリアスタ)持続抗菌・抗ウイルスEtak®シリーズTシャツ <CV7113>

ClearSta(クリアスタ)持続抗菌・抗ウイルスEtak®シリーズTシャツ

Tシャツとして着用するならこの商品がおすすめです。本体は綿100%で、シンプルなデザインの抗菌・抗ウイルスインナーです。繊維上の特定の細菌の増殖を抑制し、特定のウイルスの数を減少させます。安全性が高く、抗菌・抗ウイルス効果の持続性も高いインナーです(家庭洗濯50回耐久)。Tシャツとインナーを合わせて使っても◎。

>>そのほかメンズの抗菌商品はこちら

<レディス>

ClearSta(クリアスタ)持続抗菌・抗ウイルスEtak®シリーズインナー <CV7052>

ClearSta(クリアスタ)持続抗菌・抗ウイルスEtak®シリーズインナー

綿100%で、シンプルなデザインの抗菌・抗ウイルスインナーです。繊維上の特定の細菌の増殖を抑制し、特定のウイルスの数を減少させます。安全性が高く、抗菌・抗ウイルス効果の持続性も高いインナーです(家庭洗濯50回耐久)。

ClearSta(クリアスタ)持続抗菌・抗ウイルスEtak®シリーズTシャツ <CV7152>

ClearSta(クリアスタ)持続抗菌・抗ウイルスEtak®シリーズTシャツ

Tシャツとして着用するならこの商品がおすすめです。本体は綿100%で、シンプルなデザインの抗菌・抗ウイルスインナーです。繊維上の特定の細菌の増殖を抑制し、特定のウイルスの数を減少させます。安全性が高く、抗菌・抗ウイルス効果の持続性も高いインナーです(家庭洗濯50回耐久)。Tシャツとインナーを合わせて使っても◎。

ClearSta(クリアスタ)抗菌・抗ウイルス加工ストッキング <CL811>

ClearSta(クリアスタ)抗菌・抗ウイルス加工ストッキング

ヒップに沿うよう後ろ側のみ立体的にしたパンティ部立体設計で、ヒップにフィットしてズレにくいです。伝線しにくい糸を使用しているので、ひっかけたり、破れても安心です。お得な3足組です。

ClearSta(クリアスタ)抗菌・抗ウイルス加工タイツ 80D <CLG13>

ClearSta(クリアスタ)抗菌・抗ウイルス加工タイツ 80D

新しい生活様式対応のタイツです。抗菌・抗ウイルスのほかに、デオドラント加工付きなので、ニオイが発生しても消臭して、しっかりニオイ対策ができて安心快適です♪

>>そのほかレディスの抗菌商品はこちら

ウイルス対策の基本、マスクは長時間着用しても快適なものを

ウイルス対策として、長時間着用していても耳が痛くなりにくく、肌触りの良いマスクを探している方におすすめなのがこちらの商品です。

肌着屋さんがつくった肌にやさしい布製マスク(男女兼用) <MAS022A>

肌着屋さんがつくった肌にやさしい布製マスク(男女兼用)

肌にやさしく洗える布製マスクです。マスク部分と一体型の幅広の紐で、長時間の着用でも肌や耳が痛くなりにくい仕様です。また、洗って繰り返し使えるのも嬉しいところです。手洗いで50回洗ってもほぼ新品同様の状態をキープできます。

まとめ

新型コロナウイルス感染症の流行により、これまでよりもウイルス対策や除菌・抗菌に関心が高くなっている方は多いと思います。衣類への菌やウイルスの付着が気になる方は、ぜひ洗濯方法を見直したり、抗菌性能のある衣類を選んだり、ご自身に適した対策をとってみてくださいね。

帰宅後、服の除菌は必要?着用したまま菌やウイルスを抑制できる衣類って?

この記事をSNSでシェア

帰宅後、服の除菌は必要?着用したまま菌やウイルスを抑制できる衣類って?