2024.02.05

レディース
身だしなみ 季節

【現役ママスタッフ直伝】冬の公園コーデに!ママのお助けアイテム14選

寒い時期になると、子どもを連れて公園へ遊びに行く時、服装で悩むことはありませんか?

子どもと一緒に遊んでいるうちは、寒さが気にならないものの、遊びに夢中になる子どもを見守る間は「体が冷えて辛い」と感じますよね。

また、子どもに求められることは日によって変わるため、冬の公園ではどのような状況でもすぐに対応できるよう、暖かくて動きやすい服装が必須です。

そこでこの記事では、冬の公園遊びにあると便利な防寒アイテムを紹介します。暖かさはもちろん、動きやすさも重視しながらピックアップしていますので、ぜひ最後までお読みください。

   

冬の公園コーデは動きやすさと暖かさがポイント!

冬の公園コーデは動きやすさと暖かさがポイント!

まずは、冬の公園コーデで押さえておきたい、以下3つのポイントからみていきましょう。

・動きやすい服装
・汚れが気にならない色や素材
・防寒対策

ポイント1.動きやすい服装

子どもは、外出先でさまざまなものに刺激を受け、時には予測できない行動を起こします。そのため、まず重視したいのが動きやすい服装です。

フットワークの軽い装いで身を包んでおけば、子どもを追いかけたり一緒に遊んだりしやすくなります。

「今日は子どもを見守るだけ」というつもりでも、子どもが突発的に行動を取ることもあるので、すぐに動けるような服装だと安心です。

例えば、パンツスタイルにスニーカーを履くコーデであれば動きやすいでしょう。反対に、ヒールのある靴では、足が滑って脱げやすく転倒の原因にもなってしまうため、なるべく避けるほうが良いといえます。

ポイント2.汚れが気にならない色や素材

子どもと一緒に公園で遊ぶ時は、土や砂埃などの汚れが付きやすくなります。子どもと見守るだけであっても、遊び疲れた子どもを抱っこすれば、洋服が汚れてしまうでしょう。

そのため、公園コーデは汚れが目立たない色や、汚れが付いても落ちやすい素材を選ぶと良いです。洗濯をすると、縮みや色落ちが起こりやすいものも避けると良いでしょう。

ポイント3.防寒対策

防寒対策として、衣類を何枚も着込んだとしても、それではかえって動きにくくなり、素材によっては体温調節が難しい場合もあります。

そのため、公園コーデでは、状況に応じて使いやすい膝掛けやネックウォーマーのような小物の活用もおすすめです。

また、防寒インナーをうまく取り入れることで、着ぶくれしにくくなり、暖かさを維持しやすくなります。

次項で、あると便利な冬のお助けアイテムを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

   

冬の公園遊びにあると便利な防寒アイテム

冬の公園遊びにあると便利な防寒アイテム

ここからは、冬の公園遊びにあると便利な防寒アイテムを紹介します。公園で過ごす時のコーデをイメージしながら、お手持ちの衣類に合う色やデザインを取り入れてみてください。

カジュアルにもきれいめにもオススメのジョガーパンツ。両面に起毛をかけることで、やわらかい素材に仕上げ、ふんわり気持ちいい風合いに。見た目も着ごこちも暖かく仕上げました。

カジュアルにもきれいめにも使えるのに、自宅で洗濯できるのも嬉しいポイント。
汗をかいたりよごれたりしがちな公園用におすすめです。

 

【現役ママスタッフのおすすめポイント】
ジョガーパンツは腰周りにゆとりがあるため、中にタイツやレギンス・オーバーパンツをはいて暖かさを調整することも可能です。ジョガーパンツは以外とトップスの丈を選びにくいので合わせやすくて使いやすいですよ。

子どもが遊んでいるのをベンチで見守る時などに、膝掛けがあると便利です。ベビーカーに子どもを乗せる際のブランケットとしても使えます。

また、ボトムスの上から巻きスカートのようにして重ね着することも可能なタイプです。膝掛け一つで複数の使い方ができるので、汎用性が高いです。

 

【現役ママスタッフのおすすめポイント】
カジュアルスタイルが多い場合は、このような膝掛けとブランケット肩掛けなど汎用性のあるアイテムがおすすめ。子どもが夢中で遊んでいる間、意外と「立っているだけ」「座っているだけ」の時間もあったりするので一枚あると便利です。

マフラーは、動き回っているうちに落ちてしまったり、遊具に引っ掛かったりする危険性があります。

そのため、首周りの冷えが気になる時は、動きやすくて着脱しやすいネックウォーマーがおすすめです。

 

【現役ママスタッフのおすすめポイント】
知らないうちにマフラーが地面に落ちて砂まみれに……。というのは結構あるあるです!カジュアルなネックウォーマーは子育てを機にチャレンジしました。一つあると便利です。

ウォーマーを一つ持っておくと、コーデの幅が広がります。

ふくらはぎ・足首を保温するだけでなく、差し色としてファッションを楽しめます。

 

【現役ママスタッフのおすすめポイント】
砂まみれになる覚悟が必要にはなりますが、レッグウォーマーとしてタイツの上から着用したり、ブーツの中に忍ばせたりして足首をガードしています。

   

冬の公園遊びに欠かせないおすすめのインナー

冬の公園遊びに欠かせないおすすめのインナー

冬の公園コーデは、暖かいアウターや小物を活用するだけでなく、服の下に着用するインナー選びも意識してみてください。

保温性や発熱性に優れたインナーであれば一枚でも暖かいため、着ぶくれしにくくなり、好みのコーデを楽しみやすくなります。

「極(きわみ)」シリーズのインナーは、冬のキャンパーにも人気のアイテムです。

吸湿発熱する繊維を使用しており、一般的な綿肌着7枚分の暖かさ(※)があります。また、厚手の生地ながらも、ストレッチ性に優れているので動きやすいです。

 

【現役ママスタッフのおすすめポイント】
このインナーはとにかく暖かいです。公園だけでなく、雪山に遊びに行く時も大活躍です。真冬におすすめです。

※「綿肌着7枚分の暖かさ」は、自社製品と保温性測定値比較に基づいて表記しています

綿100%のインナーは、「化学繊維は苦手」「下着は天然素材にこだわりたい」という方におすすめです。

ほんのりとした起毛感で着ぶくれしにくく、独自の保湿加工によって、やわらかい風合いと着ごこちに仕上げています。

 

【現役ママスタッフのおすすめポイント】
綿なので着た瞬間よりも、着ているうちにじわじわと暖かくなります。遊んでいるうちにムレそうなほど暑くなってきても、吸湿性が高いので気持ちよく着られます。

   

スカートにもパンツにも合わせられるレギンス&タイツ

スカートにもパンツにも合わせられるレギンス&タイツ

レギンスやタイツは、スカートに合わせるだけでなく、パンツコーデにも活躍するアイテムです。素材やカラーバリエーションが豊富なため、幅広い組み合わせを楽しめます。

保温性を備えながらも、ウエストを締め付けすぎないので、楽にはけるのがポイントのタイツです。厚手の生地で暖かく、透ける心配もありません。

ペチコートのような機能性を持つ、重ね穿き専用のレギンスです。静電気防止加工により、ボトムスの張り付きや、ずり上がりを防ぎます。

また、130デニールの厚みがあるので、衣服への隙間風が身に染みる季節でも、冷え対策に役立つアイテムです。

見た目にも暖かく、毛布のようなボリュームがあるレギンスです。毛足の長い裏起毛で、320デニール相当の厚みがあり、寒さの厳しい時期にも役立ちます。

また、ウエストがよく伸びるので、締め付けすぎず楽にはける点も特徴の一つです。

 

【現役ママスタッフのおすすめポイント】
寒い時期は「ボトムスの重ね穿きが必須」といっても良いくらいですが、重ねるボトムスやスカートとの相性が大切です!中でも黒は合わせやすいので重宝します。

   

腰やお腹周りの防寒におすすめの腹巻

腹巻は、冷えやすいお腹や腰を温かく包むアイテムです。首元や手足だけでなく、「お腹の冷えも気になる」という方は、トップスの下に腹巻を着けてみてください。

厚手の裏起毛で、ふっくらとした素材が心地良い腹巻です。お腹への締め付けを軽減するため、生地にはストレッチ性を持たせています。

また、体のラインに沿って少しシェイプした形になっており、フィット感も抜群です。

毛足の長いもこもこ素材と、裾のメロウ加工がかわいい腹巻です。

ストレッチ性のあるやわらかな生地で、お腹をすっぽりと包み込みます。高い保温性がありながらも、ウエストへの締め付けが少ない点もポイントです。

 

【現役ママスタッフのおすすめポイント】
腹巻は、お腹だけでなく背中もぐるりと暖かいのでおすすめアイテムの一つです。 暑くなったらトイレでこっそり脱いでバックに入れておけます。

   

足の防寒におすすめの靴下

足の防寒におすすめの靴下

足元が冷えやすい方は、靴下の素材に注目してみてください。保温性のある素材としては、厚みのあるウールや、肌触りの良いシルクなどがあげられます。

肌触りの良いレーヨン混素材に、発熱と保温を備えた靴下です。ストレッチ性にも優れています。

履き口は、靴下の跡が付きにくいゆったりとした設計のクルー丈なので、長時間の着用でも締め付けが気になりにくいです。

       

重ね穿きで冷え防止をサポートするオーバーパンツ

オーバーパンツは、ショーツの上から穿いて、下半身の冷え対策に役立つアイテムです。ボトムスとの相性や穿きごこちの良いものを選んでみてください。

繊細なシルクの肌触りが特徴的なアイテムです。

ストレッチ性に優れ、腰周りを締め付けないやさしい穿きごこちを得られます。生理中の冷え対策や、モレ防止としても使えて実用的です。

腹巻付きのオーバーパンツもあります。腹巻と一体型になっているので、子どもと動き回っても、ずれにくいのが特徴です。

切り替え部分に縫い目がないデザインで、伸縮性のある生地がお腹をすっぽりと包み込みます。

 

【現役ママスタッフのおすすめポイント】
スカートの時は「タイツ × オーバーパンツ × レッグウォーマー × ブーツ」が定番。オーバーパンツがあるとないとでは、暖かさが全く違う気がします。

   

冬の公園の寒さ対策は便利な小物やインナー活用しましょう

冬の公園コーデは、防寒対策だけでなく、動きやすさや素材選びも意識してみてください。

ネックウォーマーや膝掛けなどの小物を活用したり、保温性の高いインナーを取り入れたりするのもおすすめです。

暖かさと動きやすさを両立できるコーデで、親子で楽しいひとときを過ごしてください。

【現役ママスタッフ直伝】冬の公園コーデに!ママのお助けアイテム14選

この記事をSNSでシェア

【現役ママスタッフ直伝】冬の公園コーデに!ママのお助けアイテム14選