感謝祭
  • トップ
  • 特集一覧
  • 「日本製」の確かな品質にご納得いただきたい。チャレンジし続けるグンゼの国内工場をご紹介

「日本製」の確かな品質にご納得いただきたい。チャレンジし続けるグンゼの国内工場をご紹介

グンゼは1896年(明治29年)に京都府で誕生し、製糸業からスタートしました。
多くのお客様にご支持いただいているインナーやハウスカジュアルウェアは、
人の肌に直接触れるものだからこそ、常に人々の暮らしに寄り添った
「着ごこち」を追求しています。

このページではグンゼの高品質な「日本製」製品を支える、
日本各地の自社工場、協力工場をご紹介します。

兵庫県アイコン

社内資格を持つ検査員が生地を厳しくチェック!

梁瀬工場 兵庫県 朝来市

国産の女性肌着のほとんどがこの地から

編み立てから縫製まで、一貫生産できることがグンゼの強み。兵庫県にある梁瀬工場は、グンゼが世界に誇る女性肌着の一大生産拠点です。
肌着を通して女性たちに“ここちよさ” をお届けしたい。熱い想いと高い技術力を持った従業員たちが、一丸となって「日本製」だからこそ可能な優良品の生産に徹しています。

歴史を感じさせる建物は、長くこの地に根ざしてきた証。屋内には創業当時を思わせる雰囲気が今なお残されています。中でも「良い品を生み出す」という意気込みの象徴的な存在が、生産現場のヒノキ張りのフローリング。いつもピカピカに磨かれ、商品のみならず生産環境まで品質管理を徹底。高品質な製品は、日頃の意識があってこそなのです。

生産ブランド・代表的な商品

コンセプトは「肌がよろこぶスキンウェア」

KIREILABO® キレイラボ

縫い目の無い「完全無縫製インナー」や「ブラファンデ」、立体美インナーの「Fitte(フィッテ)」など、着ごこちと肌へのやさしさにこだわった商品を多数ラインナップ。

「KIREILABO」商品一覧へ

※ 一部、梁瀬工場以外の国内グンゼ自社工場生産商品も含まれます。

KIREILABO® 商品イメージ

京都府アイコン

インナーのフィット性や補整効果を先端装置で検証中

宮津工場 京都府 宮津市

メンズインナーの最先端工場

日本三景・天橋立のほど近く、1912年に生糸工場として京都の地に誕生した宮津工場。1947年に肌着事業へ転換してからの歩みは、日本の肌着の歴史であるといっても過言ではありません。
脈々と受け継がれる品質へのこだわり、そしてそれを実現する高い技術力と人間力。社員たちの日々の試行錯誤によって、最先端の技術を盛り込んだハイクオリティな製品を生み出し続けています。

日本製のボクサーブリーフの祖とも言える「BODY WILD(ボディワイルド)」を生んだこの工場では、商品の開発部門と研究所が隣接していることが強み。編み・染め・縫製を一箇所で行える一貫生産のアドバンテージを活かし、迅速な開発生産を行っていることが自慢です。
年々変化する気候に対応すべく、季節に応じた機能性素材の開発も精力的に行っています。

生産ブランド・代表的な商品

自分らしく生きるすべての人へ

BODY WILD

「BODY WILD」の代表格といえば、ロングセラーのボクサーブリーフ。かっこよくて気持ち良い、ファッション性も楽しめるアンダーウェアブランドです。宮津工場では、先端技術を用いて日々新商品の開発が行われています。

「BODY WILD」商品一覧へ

毎日の着こなしにクオリティを

SEEK

グンゼ独自のきりっぱなし技術「カットオフ®」仕様を核に、細部までこだわった上質インナーを展開中。より快適に、よりスタイリッシュに、クオリティを究めたエレガントな男のためのアンダーウェアブランドです。

「SEEK」商品一覧へ

※ 一部、宮津工場生産以外の国内グンゼ自社工場生産商品も含まれます。

山形アイコン

国内外の業務用ミシンを駆使して丁寧に縫い上げます

東北工場 山形県 寒河江市

コットン肌着にまごころを込めて

山形県のほぼ中央、寒河江市に位置する東北工場。私たちが「グンゼベーシック」と呼ぶ、快適性、着ごこちを追求したコットン製アイテムの生産を担う基幹工場です。
敷地内には果樹園や畑、足湯まであり、一般の工場見学も実施。作業中には社員たちの真剣そのものの顔が並ぶものの、休憩時間には一転して和気あいあいとした雰囲気がただよいます。

とてもシビアな生産管理、品質管理が必要な「the GUNZE」を主に生産するこの工場では、優良な製品を保つために徹底的な努力が欠かせません。
糸から生地へ、そして染色・加工して縫製へ。製品が完成するまでの多くの工程は、社員たちの巧みな技術とチームワーク、そしてひたむきな姿勢が支えています。お客様を思うまごころで、今日も愛され続けるコットン肌着を作り続けています。

生産ブランド・代表的な商品

自社の名前を冠した「素肌服」

the Gunze

一日の長い時間をともに過ごす、下着。
毎日着るものだから、あなたの暮らしに寄り添い、その時間をここちよく感じてもらえる下着をお届けしたい。そんな想いから誕生した、天然素材にこだわったブランドです。

「the GUNZE」商品一覧へ

着ごこちと清潔感で、笑顔になってほしい

快適工房

ゆったりとした着ごこちで肌にストレスを与えず、汗をかいてもムレにくく快適。さらに頼もしい抗菌防臭機能付き。スペシャルなここちよさで「ずっと上質、ずっと快適」をご提供するインナーブランドです。

「快適工房」商品一覧へ

※ 一部、東北工場生産以外の国内グンゼ自社工場生産商品も含まれます。

宮崎県アイコン

繊細な生地を傷めないよう常に細心の注意をはらいます

九州グンゼ 宮崎県 小林市

美しい水源地で作られる、美しいストッキング

九州グンゼが生産を担うのは、「SABRINA(サブリナ)」などの、女性向けレッグウェア(ストッキング・靴下)のメインブランド。拠点となる宮崎工場は、グンゼグループの中で国内唯一、これらのレッグウェアを一貫生産できるマザー工場です。

1970年、霧島連山を望み、豊かな自然や湧き水に恵まれる小林市に宮崎工場を設立。1989年には、より確かな品質を求めて、当初は外部から購入していたカバリング糸(ストッキングの元となる糸)を自社生産すべく高崎分工場を設立しました。潤沢な湧き水がある土地は、染色に適した地。設立当初から徹底した「お客様志向のモノづくり」で、美しい色合いと品質に定評のあるリーディングブランドを支えています。

生産ブランド・代表的な商品

身につける女性に自信を

SABRINA

20年以上愛され続けるストッキングブランド「SABRINA」。デビュー当時から掲げる「強く、やさしく、うつくしく」のコンセプトを守り続け、時代のニーズに合わせた新アイテムを開発しながら、ハイクオリティなストッキングを提供しています。

「SABRINA」商品一覧へ

※ 一部、九州グンゼ生産以外の国内グンゼ自社工場生産商品も含まれます。

SABRINA 商品イメージ

兵庫県アイコン

染め上がった糸は、織機にかける前に「柄組み」の技で細かく配列

播州の生地産地 兵庫県 北播磨地域

風合い、色彩、肌ざわり。すべてに宿る伝統の粋

グンゼでは、北播磨が誇る伝統の技術「播州織」を使用した製品を展開中。
播州織は先に糸を染め、染め上がった糸で柄を織り上げることから、自然な風合いや色みの良さ、色彩豊かな表情、肌ざわりが特長です。

「先染め」と呼ばれる糸染めから、職人による丁寧な織り。手間のかかる作業を経た織物のうち、一定の品質基準に達したものだけが地域ブランド「播磨織」の認定を受けることができます。220年以上もの伝統を受け継ぐ匠ならではの繊細で美しいテキスタイルが、珠玉の商品となってお客様の元へ届きます。

播州織について

日本の職人が作りあげる優しい風合い

1792年(寛政4年)に宮大工の飛田安兵衛が京都西陣から持ち帰った織物技術を基礎とし、産声を上げた北播磨地域の伝統織物。
北播磨は、染色に適した軟水が豊かに流れる加古川、杉原川、野間川を有する地域。農産物を栽培する農家が、閑農期の生業として取り組み始めました。以来、地域の人々が自然と共生しながら育んできたテキスタイルです。

「播州織」商品一覧へ

「播州織」商品 イメージ