感謝祭

快適工房良質綿100% やわらかくて、ゆったり。愛されてロングセラー!

快適工房とは?

  • 工場内イメージ

    誕生秘話

    始まりは、授業中にも関わらず疲れて寝ている養蚕(ようさん)農家の子供たちを目の当たりにした小学校教員の熱い思いからでした。小さな会社で作られる、細い糸。 その、細い糸に見合わぬ、太く、大きな夢を胸に―。
    私たちの心の糸は、どんな困難にも決して切れる事無く、およそ120年、ひたむきに想いを紡いできました。
    そんなグンゼのDNAを凝縮し、全ての商品のベースとなっている肌着ブランド「快適工房」は誕生しました。

  • 製造過程イメージ

    製造のこだわり

    心地良さにかける想いは創業当時から少しも変わることなく、「快適工房」の中に、息づいています。
    できるだけストレスをかけずに作られる生地は、肌をしっかり包み込む、優しい着心地。

  • 着心地イメージ

    上質の秘密

    下着の老舗であるグンゼの集大成として、「着心地」と「清潔感」を追求した下着、「快適工房」。
    ゆったりとした着心地で肌にストレスを与えず、 抗菌防臭加工をプラスして生地の柔らかさはそのままに清潔感アップ。
    毎日を上質に、毎日を快適に過ごしたいと願う、
    すべてのお客様の想いを、いつまでも、そっと、やさしく包み込むために―。
    ※本体綿100%シリーズ

快適の理由

1.快適サイエンスラボ
肌着を科学する、グンゼの研究所。

  • 生理人類学、人間工学の視点から
    理想の肌着を追求する

    肌着は、第2の皮膚と言われています。
    「グンゼ快適サイエンスラボ」は、理想の肌着を追求し、体も心も快適に過ごせるよう、肌着と人体のよりよい関係を科学的に研究するために設置した【肌着の生理学研究所】です。

    生理人類学、心理学、人間工学など多面的な視点から生理的データ(生理値)を測定し、科学的に検証することで、体に負担をかけない、快適な着心地の製品開発につなげています。

    さらに企画、生産、販売などグンゼ各部門のノウハウも活かし、あらゆるニーズに応えられる商品開発に取り組んでいます。

  • 写真:快適工房の製品は、すべてここから生み出されています

2.立体設計
やわらかく、ゆったりした着心地。でも、もたつかない。

  • 体型を科学したグンゼ独自の立体設計
    やさしく包み込む、絶妙のフィット感を創出

    快適工房は、着心地の良さをお客様から高く評価していただいています。
    それは、グンゼ独自の立体設計テクノロジーに由来しています。
    生地編み・カッティングの段階から、人間の実際の体型に基づいて立体的に設計することで、着用時に感じる窮屈さ(着圧)を大幅に軽減。
    体にやさしく、なめらかにフィットする、快適工房ならではの着心地を生み出しています。
    着用時の肌への違和感を最小限に抑えるため、縫い目が当たって気になりがちな身頃同士のつなぎ目(サイドシーム)を無くしたのも、立体設計だから実現したやさしさ設計です。

  • 写真:快適工房の製品のこだわり

年間素材

ベーシックシリーズ

素材、体の動きを考えたカッティングなど、さまざまな部分に工夫を施し、コットン本来の優しさを追求した快適インナー。

トップス肌をやわらかく包むインナー(カラーによってサイズがない場合がございます)

ボトムス服装に合わせて丈で選べる重ねばきボトム(カラーによってサイズがない場合がございます)

ショーツゆったり着ごこちのショーツ(カラーによってサイズがない場合がございます)

秋冬素材

あったかい綿100%

毛足の短いマイクロ起毛であたたかいコットンインナー。

ウール混ガーゼ

ガーゼ素材があたたかい空気層をつくり、保温性を高めます。

キルト(暖かい柔らかい)

ソフトな風合いでたっぷり空気を含んだキルト編があたたかい。

春夏素材

強撚綿100%

肌ばなれの良いシャリ感のある素材。