冬セール開催中!

120年を超えて追求し続けてきた品質へのこだわり GUNZE QUALITY

グンゼだからできる、
着心地のよさをお届けしたい

長い歴史に培われた、すぐれた技術と経験。そして細部にまで心をくばる丁寧な仕事。
毎日を心地よく快適にお過ごしいただくために
グンゼならではの「ものづくりの精神」が息づく、上質な着心地の理由がここにあります。

グンゼクオリティ3つの理由

01時を超えて受け継がれる
品質ファースト

「人間尊重」「優良品の生産」「共存共栄」という創業の精神は、グンゼのDNAとして120年以上受け継がれてきました。常にお客様から信頼のおけるメーカーとして存在し続けるために、「優良品の生産」を徹底して貫いてまいりました。私たちグンゼが、お客様に満足していただける品質のよい肌着を提供し続けることにこだわるのは、今もなお、創業の精神が活かされているからなのです。

繭・生糸を優良品にすべく、研究を重ね、パリ万国博覧会では金牌を受賞しました。 メリヤス肌着生産の様子(1930年頃) 生産開始当初のブラジャー・ストッキング

02すべては
お客様のために

肌着は、毎日のように身につけるもの。だからこそ、常にお客様と向き合い、お客様の声にお応えできるものづくりを目指しています。触れた瞬間のやさしさ、着心地のよさ、こころ浮きたつデザイン。毎日をより快適にお過ごしいただく上質の肌着をつくるため、縫い糸の1本にまでこだわります。妥協はゆるしません。私たちの肌着を手に取ってくださる皆様に信頼と安心安全をお届けすることこそ、私たちの使命だと考えています。

繊維の特性とヒトが感じる心地よさとの関係性について基礎研究を重ねています。 開発担当者は心地よさをお届けしたいという想いを込めて商品を企画しています。 試着を繰り返すことで着心地のよさを追求しています。

03時代は変わっても
めざすものは変わらない

最新の技術を駆使し、生産されているグンゼの肌着。1本の糸が肌着となるまでには、時代の流れに対応した最新の技術を駆使しながらも、 編立 あみたて 、染色、裁断、縫製などさまざまな工程を経てつくられています。しかし、すべての工程で人の目による厳しい見極めを行うことで、品質をより確かなものにしています。手間を惜しまず、懇切丁寧に。私たちが愛情を込めてつくり上げた肌着を皆様のもとへお届けします。

生地の裏面から照明を当て、人の目で厳しい基準の検査をしています。 ひとつひとつ丁寧に。機械には真似できない品位を保って生産しています。 3D計測器で、インナー着用時の体のシルエットを検証し、快適な着心地の肌着の開発に役立てています。