2020.08.27

レディース メンズ
知恵

【時短ワザ】夫が靴下を裏返しに脱ぐイライラを静める方法

【時短ワザ】夫が靴下を裏返しに脱ぐイライラを静める方法のメイン画像

「夫が靴下を脱いで裏返しのまま放置している・・・」
「洗濯かごに入っていたらいいほうで、脱いだ場所にそのまま置きっぱなし・・・」

そんな夫にイライラしながら、靴下を洗濯している主婦のみなさんは多いのではないでしょうか。
そこで今回は、悩ましい靴下の洗濯について、時短テクニックなどをご紹介します。

靴下は裏返しのままで洗ってもOK!

洗濯物は表に返してから洗ったほうがいいと思っている方は多いかと思います。たしかに砂やホコリなどで汚れている場合は表側に直して払い落とす必要がありますが、そうでない場合は実は裏返しのままでもOK! というのも、靴下や衣類全般を裏返しに洗うことにはメリットもあるのです。

靴下・衣類全般…洗濯物を裏返しで洗うメリット

洗濯干しイメージ

靴下に限らず洗濯物全般には、裏返しのまま洗うメリットがあります。

【洗濯物を裏返しで洗うメリット】

①衣類の表面を傷めない
洗濯をする際、洗浄や脱水などによって衣類に摩擦が生じ、生地の表面は傷みやすくなったり、毛玉ができやすくなったりしてしまいます。しかし、裏返し洗濯なら、衣類表面への摩擦が少なくなります。洗濯を繰り返すうちにTシャツのプリントが薄くなったり生地が傷んだりするのにお悩みの方には、裏返し洗濯は良い方法です。さらにネットに入れて洗えば、より毛玉や毛羽ができにくくなり、衣類が長持ちします。

②肌側の汚れが落ちやすい
肌に触れていた部分を表にして洗濯することで、汗や皮脂汚れを落としやすくなります。特に靴下に関しては、肌に直接触れる上に足の裏は汗をたくさんかくので内側が汚れやすい状態です。落ちきっていない皮脂や汗がニオイの原因になることもあります。しかし、裏返し洗濯なら、汗や皮脂をしっかり除去し、嫌なニオイを抑える効果が期待できます。

③色あせを防げる
洗濯を繰り返すと衣類の色あせが気になることがあると思います。これは、干す際に太陽光が当たって生地が日焼けしてしまうからです。しかし、裏返しで洗ってそのまま裏返しのまま干せば、生地表面の色あせを防げます。

洗濯物は表にして洗うのが一般的ですが、あえて裏返しに洗っても良いほどメリットがあるのです。

裏返し洗濯のデメリット

靴下イメージ

生地表面の劣化を防ぎ、内側の皮脂や汗汚れをしっかり落とすのに効果的な裏返し洗濯ですが、いくつかデメリットもあります。

【裏返し洗濯のデメリット】

①表の汚れは落ちにくい
裏返し洗濯では、食べこぼしや泥などの生地表面の汚れはどうしても落ちにくくなります。靴下の場合、パッと見以上に表面に砂やホコリが付着していることがあります。床が思いの外汚れていたり、靴の中に染み込んでいる汗や皮脂が靴下についたりするからです。こういったときは、裏返し洗濯より表にして洗濯した方が汚れをきれいに落としやすくなります。

②干すとき、しまうとき、着るとき どのタイミングかで裏返しから表に返さなければいけない
裏返し洗濯は洗濯時に表に返す手間を省けますが、その分、干すときや収納するとき、着るとき、いずれかのタイミングでは表に返さなければなりません。靴下の場合、裏返しのままだとたたむときに柄がわからずペアを探しにくいというデメリットもあります。

こういったデメリットもあるので裏返し洗濯が常に有効とは言い切れませんが、洗濯物の状態にあわせて使い分ければ、毎日の洗濯を楽に・時短にしてくれるのではないでしょうか。

靴下の洗濯プロセスを時短にするアイデア

裏返し洗濯の他にも、靴下の洗濯を時短にするアイデアがあります。

靴下の選び方で洗濯の工程が楽になる!

靴下の洗濯イメージ

洗濯物をたたむときに、「靴下のペアを探すのが面倒」という方は多いと思います。
そこで、どれがペアか悩まないための対策が「日頃よく履く靴下を同じ靴下でそろえる」という方法です。色や柄・サイズをすべて同じ靴下に統一してしまえば、毎回ペアを探す苦労がなく、目に付いた靴下をペアにするだけでいいのです。
裏返し洗濯のデメリットとして取り上げた、「靴下を裏返し洗濯をすると、たたむときにペアを探すのが面倒…」という問題もこれで解決するはずです。

靴下のペアを探さなくてもいい裏ワザのポイントを知りたい方はコチラ
【裏ワザ】靴下の穴開き、片方なくなる問題の対策「目からうろこ」な靴下選び

収納時、あえて裏返しのままにして本人に気づかせる!

靴下の洗濯イメージ

「裏返し洗濯をしても、収納時には表に戻さないといけないので結局面倒だ…」という方は、裏返しのまま収納してしまいましょう。表向きにする時間も手間も省ける上に、本人が履くとき表向きにしないといけないので、「あれ…裏返しになっている」→「昨日、裏返しに脱いだからか」→「表向きに脱ごう」と思わせることができるかもしれません。

まとめ

毎日のこととなると意外に手間のかかる靴下の洗濯。裏返しのまま洗濯することも正解のひとつです。
考え方を変えることでイライラが少しラクになるかもしれません。ぜひ実践してみてくださいね。

【時短ワザ】夫が靴下を裏返しに脱ぐイライラを静める方法

この記事をSNSでシェア

【時短ワザ】夫が靴下を裏返しに脱ぐイライラを静める方法